データ二次利用

子どもの貧困調査研究コンソーシアムは、協力関係にある自治体より子どもの生活実態調査データの提供を受けています。参加機関に所属する研究者は、運営委員会により研究参加者として承認されることで、これらのデータを二次利用することができます。研究参加者としての承認ならびに二次利用については、所属する参加機関の運営委員にご相談ください。なお、二次利用を希望する研究参加者は「秘密情報の管理・利用に関する方針」を熟読したうえ、以下のリンクより申請して下さい。

>>申請ページへ