データ二次利用の申請・報告

子どもの貧困調査研究コンソーシアムは、協力関係にある自治体より子どもの生活実態調査データの提供を受けています。参加機関に所属する研究者は、運営委員会により研究参加者として承認されることで、これらのデータを二次利用することができます。研究参加者としての承認ならびに二次利用については、所属する参加機関の運営委員にご相談ください。なお、二次利用を希望する研究参加者は「秘密情報の管理・利用に関する方針」を熟読したうえ、以下のリンクより申請して下さい。

    

【研究参加者として新たに二次利用申請をされる方へ】

以下より、申請者の所属する参加機関をお選びください。

大阪公立大学研究推進機構協創研究センタースクールソーシャルワーク評価支援研究所

沖縄大学地域研究所

東京都立大学大学院人文科学研究科(子ども・若者貧困研究センター)

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

日本福祉大学

北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター

 

【現在利用中で、事務局への報告をされる方へ】

以下の様式に必要事項を記入し、事務局にメールにてご提出ください。

別紙3:利用報告

   〇記載例はこちら⇒⇒別紙3:利用報告(記載例)

別紙4:成果報告

   〇記載例はこちら⇒⇒別紙4:成果報告(記載例)

別紙5:利用後の処置

   〇記載例はこちら⇒⇒別紙5:利用後の処置(記載例)

 

提出先

Mail:rccap★tmu.ac.jp(ご連絡時は★を@に置き換えてください)
担当:梶原 豪人(子ども・若者貧困研究センター リサーチアシスタント)